来振寺節分星まつり

素足で炭火を歩く「火渡り」

自分の宿星を供養する「柴燈大護摩供」では、不動堂前に組まれた護摩壇に護摩が焚かれ、願い事や名前を書いた護摩木に火をくべます。厄年の男女たちが護摩木の炭火の上を素足で歩く「火渡り」を行い、ご利益を祈願します。その後豆まきと、青竹に酒と笹をひたして護摩の火で温めた笹酒がふるまわれます。笹酒は長寿・がん封じとされています。



柴燈護摩を始める前に大師堂内で大導師僧侶、来賓年男年女たちと法楽する。(柴燈護摩の安全を祈願する)



塗香を配り、払い棒で年男年女の方を清める



大師堂前で山伏たちも法楽



柴燈先達。先頭に山伏たちが山門入場



大導師に続き僧侶入場



来賓に続き、年男年女の方が入場



外結界道場にて大導師による願文を読み上げる



山伏により背負い厨子を、不動堂前に安置する



副導師による、道場三方・堂前・山伏・参拝者の方々・御札などを払い棒で清める



斧作法(山神に柴燈所用の段木を乞う)



法弓師(四方と天地中央鬼門に矢を射って悪魔を払う



法剣師(不動剣で縦横に空(久字)を切って、心の悪魔を払い神の守護を乞う



法螺(吹鳴であらゆる生物の心を静め柴燈護摩の始まりを告げる)



山伏による、護摩壇に点火



護摩壇が知恵の火で燃え上がる



護摩壇脇には青竹に笹・酒を入れて笹酒を作る




山伏たちが、ゴヘイ(明王様の札)を頂き火渡りをする(9m)





大導師による法剣加持





来賓・年男年女・山伏による、福券入の豆まき(2万袋)

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。