奈良国立博物館 奈良博名品展 平成31年2月19日〜3月14日
国宝五大尊像五幅が展示されます。

 奈良博創立100年の特別展より、24年ぶりに「国宝五大尊像五幅」が展示されます。
 本図は天台宗智証大師円珍が仁寿3年(西暦852年)唐へ渡り6年の歳月がすぎ、天安2年(西暦858年)に帰朝し、会得した原画を基にした御請来図像であり、天台密教系の最古の五大尊像である。

   降三世明王「寛治2年10月10日 / 奉開眼供 / 養了」
          ※西暦1090年
   軍荼利明王「寛治4年6月1日 始自[  ]日至」
          ※西暦1092年        上記二品の裏に、墨書きで残されている。

平成27年 節分星まつり

来振寺節分星まつり
平成27年2月1日(日) 13:30〜

自分の宿星を供養する「柴燈大護摩供」では、不動堂前に組まれた護摩壇に護摩が焚かれ、願い事や名前を書いた護摩木に火をくべます。厄年の男女たちが護摩木の炭火の上を素足で歩く「火渡り」を行い、ご利益を祈願します。その後豆まきと、青竹に酒と笹をひたして護摩の火で温めた笹酒がふるまわれます。笹酒は長寿・がん封じとされています。
DPP_0212.JPG
DSC_6692.JPG

お申し込み・お問合せ
来振寺 0585-32-0078

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

平成二十七年(西暦2015年)に開山千三百年を迎えます。
長い歴史の中で、来振寺を守り支えて下さった方々への感謝とご供養、そしてこれからの未来へ向けての、ご祈祷を執り行わせていただきます。
 一般公開初となる夜の柴燈大護摩供です。未来供養には、一般の方もご一緒に参加していただけます。

『開山千三百年記念 未来供養』特別法要
平成27年3月28日(土)17時より


お申し込み・お問合せ
来振寺 0585-32-0078