前の記事 TOP 次の記事

2018年12月18日

奈良国立博物館 名品展 『国宝五大尊像五幅』公開

奈良国立博物館

奈良博名品展
平成31年2月19日〜3月14日


奈良博創立100年の特別展より、24年ぶりに「国宝五大尊像五幅」が展示されます。
本図は天台宗智証大師円珍が、仁寿3年(西暦852年)唐へ渡り、6年の歳月がすぎ、天安2年(西暦858年)に帰朝し、会得した原画を基にした御請来図像であり、天台密教系の最古の五大尊像である。


降三世明王「寛治2年10月10日 / 奉開眼供 / 養了」
       ※西暦1090年
軍荼利明王「寛治4年6月1日 始自[  ]日至」
       ※西暦1092年

上記二品の裏に、墨書きで残されています。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

posted by 管理人 at 09:48 | お知らせ




Powered by Seesaa